ハート

結婚する前の準備

ペアの結婚指輪の相場は21万円で、挙式の6ヵ月前から2カ月前に注文して受け取るものです。いつも身に付けるのでシンプルデザインがいいですが、可愛い物も名古屋では探せます。アンティーク調やハワイアンジュエリーも探せるでしょう。好きなメッセージを刻印するのもおすすめです。

カップル

永遠の愛にふさわしい指輪

ハワイアンジュエリーの結婚指輪を決めるのに、まず金属の種類を選びます。そしてフラットやバレルといった指輪の形を決めます。また古くから意味を持つデザインやメッセージを選ぶと、二人にふさわしい結婚指輪を身につけられます。

リング

婚約指輪のお勧めブランド

ラザールダイヤモンドは人気で、婚約指輪や結婚指輪に選ばれます。高品質で、婚約指輪の平均費用から考えると値段は高めですが、アフターサービスが充実しています。品質保証もされているので、一概に高いとも言えません。スタッフのほとんとがジュエリーコーディネーターの資格を持っおり、適切な商品を選んでもらえます。

ハンド

2人のこだわりを実現

世界でただ1つのデザインにできるのが、手作りの結婚指輪です。どのようなこだわりも実現できる上に、職人がデザインを提案してくれます。また、2本を別々のデザインにすることもでき、どちらかが妥協する必要はありません。さらに一生の思い出を作れるのも、手作り結婚指輪ならではの魅力です。

ハート

指輪に込める気持ち

婚約指輪の価格は給料の3か月分と言われることもありますが、実際にはそれほど高い相場ではありません。結婚後の生活の方が重要ですので、ここで無理する必要はないからです。結局のところ、婚約指輪で重要なのは価格ではなく気持ちです。

最高のプレゼントを選ぼう

指輪

ダイヤモンドや誕生石

男性から女性に渡す指輪の中でも婚約指輪は最大級のものと言ってもいいでしょう。二人の愛の約束を形に示す婚約指輪、エンゲージリングですから、最大限の気持ちを込めた指輪でなければなりません。もちろん、価格が高ければいいというものではありませんが、女性にとっても大切な指輪ですから、十分に検討する必要があります。二人で決めるのも大切ですが、婚約指輪に関する基礎知識をきちんと頭に入れたうえで選ぶようにしなければなりません。婚約指輪と言えば、定番はダイヤモンドです。石言葉は「永遠の絆」。まさに結婚を約束する際に渡すものとして相応しい宝石と言えます。ダイヤモンドの価値は4Cによって判断されます。4Cとは「カラット」「カット」「カラー」「クラリティ」の4つです。4Cによって価格は変わってきますが、特に見た目で分かりやすいのはカラットとカットですので、宝石を選ぶ際にはこの二つが重要になります。もちろん、定番のダイヤモンド以外の選択肢がないわけではありません。高い婚約指輪を購入してもはめる期間は限られています。むしろ、気軽にはめることができる指輪の方がいいという場合もあります。ダイヤモンド以外の宝石で人気が高いのは、誕生石を使用したものです。1月から12月までそれぞれの月に誕生石がありますので、個性的な婚約指輪にすることができます。ダイヤモンドを引き立てるためのサイドストーンとして活用する方法もあります。

Copyright© 2018 宝石のついた婚約指輪を贈ろう【石言葉を知っておくべし】 All Rights Reserved.